バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

Pick Up

【2021年版】各ブランドの最新おすすめバスケットシューズを紹介(注目のバッシュがたくさん)
【完全版】バスケを始める際に必要なバスケ道具・用品総まとめ(ここで全て揃えましょう!)
【最新版】バスケウェアを取り扱っているメーカー22社をまとめました。素敵なTシャツが見付かります!
プロスポーツ選手・アスリートが愛用しているマットレスを一挙紹介【スポーツをしている方におすすめしたいマットレス】

プーマのバッシュを履くNBA選手の紹介【期待の若手を広告塔に採用】

更新日:2021年09月11日

f:id:ooma5164:20201004171415j:plain

こんにちは。

あじゃーるです。

 

バスケットシューズのブランドといえばナイキ、アディダス、アンダーアーマーといったところが世界的に有名なブランドです。

 

そのバスケットシューズブランドに約20年ぶりに復活したのがスポーツブランドのプーマだ。

f:id:ooma5164:20201004170248j:plain

 

 

プーマと言えばサッカーや陸上競技のイメージが強く「バスケットボール」のイメージがほとんどないと思います。

 

実はプーマも昔はバスケットシューズを出していたのです!

 

1970年頃にNBAで活躍していた「ウォルト・フレイジャー」が履いていたバッシュがプーマの「クライド」でした。

f:id:ooma5164:20201004233035j:plain

1970年頃にウォルト・フレイジャーがプーマの靴を愛用するようになり、1973年にプーマからシグネチャーモデル「クライド」が作られました。

 

「クライド」はウォルト・フレイジャーの愛称が「クライド」となっていました。

 

その後NBA入りしたてのスーパールーキー「ビンス・カーター」と10年契約を交わし話題になりましたが、様々な理由で結果的にカーターとの契約は2年で打ち切られている。

f:id:ooma5164:20201004233438j:plain

 

カーターと契約解除以降はプーマがバスケットボールブランドからサッカーや陸上に力を入れはじめ、バスケットボール業界からフェードアウトしていきました…

 

<再びバスケットボール業界に>

f:id:ooma5164:20210911161140j:plain

長年バスケットボール業界から姿を消していたプーマが、2018年に再びバスケットボール業界に蘇ってきました!

 

その再建に関わるメンバーとして、先ほど紹介した元NBA選手の「ウォルト・フレイジャー」とNBAのスポーツエージェント・ラッパーとして活躍している「Jay-Z」がデザイン等を請け負う形となり気持ち新たにか分かりませんが、「PUMA HOOPS」と言う名前でバスケブランドを立ち上げました。

 

 

「PUMA HOOPS」として初めて出したバスケットシューズは「ウォルト・フレイジャー」のシグネチャーモデル「クライド」をリニューアルしたモデル

f:id:ooma5164:20210911161819j:plain

PUMA Clyde Court

 

心機一転のバッシュとしてはかなりインパクトがあるでデザインになった「PUMA Clyde Court」

 

その後、プーマのバッシュは現在までにいろいろと販売されています。

 

プーマのバッシュをまとめた記事も用意していますので、興味がある方は覗いてみてください。

 

 

プーマから様々なバッシュが出ている中、注目されたのは広告塔となる選手です。

 

いくら性能が良いバッシュを出しても売れなければ(使ってもらわないと)意味がありません。

 

1番に注目されるのはやはりプロ選手が使用することで注目を集めます。

 

「どんな選手がプーマと契約するのか?」と注目が集まっていた中

 

2018年6月にプーマはNBA選手とスポンサー契約を交わした。

 

その契約を交わした選手はNBAで実績を残しているスター選手ではなく、2018年のNBAドラフトで全体1位指名のディアンドレ・エイトン、全体2位のマービン・バグリーIII世、14位のマイケル・ポーターJrと、ルーキーとばかり契約する特徴的な選択をして世間を驚かせた。

 

このルーキーばかりと契約したプーマの思想は、ナイキのレブロン・ジェームズやアンダーアーマーのステフィン・カリーのキャリアが下り坂に差し掛かった時に、今回契約した若手の彼らがNBAのトップ選手になれば、当然ながらバスケットボール界におけるプーマの立ち位置は今とは全く異なり、ハイブランドとしてバスケット業界を担うことを狙って契約したとの噂です。

 

上記3名以外でもプーマと契約したNBA選手がいますので紹介していきたいと思います。

 

PUMAと契約中のNBA選手一覧

現在PUMAと契約中のNBA選手は7名います。

この7名の選手を簡単に紹介します。

ディアンドレ・エイトン

f:id:ooma5164:20201004153401j:plain

1998年産まれのバハマ出身。2018年のNBAドラフトにてサンズが1位指名をした期待の選手。

 

サンズの球団史上初めてのドラフト1位指名で期待されていてNBA開幕でも期待通りの活躍をして、世間から「デイビット・ロビンソン」や「アンソニー・デイビス」と同等の力があると期待されていた。

 

しかし、その後ケガなどに悩まされ、低迷していたが2020-21NBAシーズンに再度大活躍しプレイオフファイナルまで導いた。

 

ファイナルでは惜しくもバックスに負けてしまいましたが、エイトンのブザービーター逆転アリウープはNBAの歴史的なシーンの1つになったと思います。

 

マービン・バグリー三世

f:id:ooma5164:20201004154117j:plain

1999年産まれで出身はアメリカです。

エイトンが1位指名、バグリーが2位指名された。

 

高身長ながら何でもこなせる万能型ビックマンで期待されているがケガに悩まされていて試合になかなか出場できていない。

 

試合に出れれば期待以上のプレーを見せれるのですが・・・今後に期待です!

 

RJ・バレット

f:id:ooma5164:20201004154737j:plain

2000年産まれのカナダ出身の選手。

 

2019年のドラフト3位指名でこの年は「八村塁選手」がドラフトを受けた年と同じである。

学生時代では、全米でも1番の評価を受けていたが、NBA入りすると上手くプレーできていない。

 

しかし、レジェンドのスティーブ・ナッシュは彼の事を絶賛している様子。

 

ルーキーシーズンは力を十分に発揮できていなかったので、来シーズンには本当のRJ・バレットが観れると思う。

 

カイル・クーズマ

f:id:ooma5164:20201004155526j:plain

1995年産まれのアメリカ人である。

2017年にドラフト27位にネッツが指名したが、開幕前のトレードでレイカーズに移動した。

 

ドラフト時期のクーズマの期待はあまりされていなかったが、ルーキーシーズンではNBAオールルーキー1stチームに選出されるなど、期待以上のプレーをみせた。

 

2021-22シーズンはワシントンウィザーズでプレーする予定となっている。

 

デマーカス・カズンズ

f:id:ooma5164:20210911165338j:plain

1990年産まれのアメリカ出身選手。

学生時代から全米で期待されていたハワード以来の正統派ビックマン。

 

ルーキーでしたがインサイドでの存在感は十分にあった。

 

カズンズはNBAで期待以上の活躍をしていたが、2017年にアキレス腱断裂の大けがをした。

その後も様々な場所のケガに悩まされ満足の行くプレーが出来なかった。

 

2020年11月にヒューストン・ロケッツと無保障の単契約を結んだが、2021年2月に解雇され、今は無所属です。

 

ダニー・グリーン

f:id:ooma5164:20201004162023j:plain

1987年産まれのアメリカ人選手。

2009年ドラフト2巡目の46位でキャバリアーズに指名された。

 

キャバリアーズでは満足の行く試合に出場されずにいて、昨年にスパーズに移籍された。

 

スパーズではアウトサイドシューターとして開花した、また得意のディフェンスがスパーズのオプションにはまりスターターとして定着した。

 

2014年にスパーズでNBAチャンピオンになり、2019年にはラプターズでNBAチャンピオンになった。2020年にはレイカーズでもチャンピオンになっている。

 

現在はシクサーズでプレーするベテラン選手です。

 

ルディ・ゲイ

f:id:ooma5164:20201004163936j:plain

1986年産まれのアメリカ人選手。

2006年にロケッツに8位指名を受けたが、直後にグリズリーズに移籍した。

 

ルーキーイヤーから期待以上のプレーを見せ、ラプターズ・キングス・スパーズと移籍し、現在はジャズに在籍している。

 

ラメロ・ボール

f:id:ooma5164:20210209223646j:plain

シャーロットホーネッツに在籍する「ラメロ・ボール」

 

ボール三兄弟の末っ子でボール兄弟で1番バスケセンスがあるといわれている。

 

まぁ三人とも申し分ないセンスやけども…

 

ルーキーシーズンから期待以上の活躍を見せ新人賞も受賞した。

 

まだはっきりと公表されていないが、プーマからラメロ・ボールのシグネチャーモデルが発表されている。

 

www.bball1202.net

 

まとめ

プーマがバスケットブランドとして再び再開し、契約した選手たちも活躍を見せ、プーマを着用しているプレイヤーが増えてきた。

 

性能も徐々に認められてきている。今後もプーマの動きに注目していきたい!