TWOWXY

【TWO WXY V2】ニューバランス最高のオンコートパフォーマンスバッシュ「TWO WXY V2」の紹介

こんにちは。

あじゃーるです。

「ニューバランス」から販売されているバッシュが最近話題になってきています。

有名な所で言うとNBA選手の「カワイ・レナード」のシグネチャーモデル「KAWHI(カワイ)」シリーズになります。

「KAWHI(カワイ)」については下記ページで確認できます。

カワイ・レナードのバッシュ「ザカワイ」ニューバランスから登場こんにちは。 あじゃーるです。 「ザ・クロウ」などの愛称でお馴染みの カワイ・レナード 2018年にジョーダンブランドからニ...

 

そんな人気急上昇中のニューバランスからまた新しいバッシュが販売しました。

「TWO WXY V2」

このモデルは2021年に販売した「TWO WXY」モデルのシリーズ2作目のモデルになります。

※「TWO WXY」

「TWO WXY」については下記ページで確認ください。

最新バッシュ「ニューバランスTWO WXY(トゥーウェイ)」紹介【デザイン・性能はトップブランドに値するレベルです】こんにちは。 あじゃーるです。 2019年にNBAスター選手「カワイ・レナード」とシグネチャー契約を交わし、1980年代以来になるバ...

 

この初期モデル「TWO WXY」からアップグレードされた「TWO WXY V2」の特徴を紹介していきます。

ニューバランス最高のオンコートパフォーマンスバッシュ「TWO WXY V2」の紹介

ポジションレスな今日のゲームの中で激しく切り替わるオフェンスとディフェンスへの対応に必要なスピードと敏捷性をサポートするのをコンセプトに作られた「Two Wxy V2」

早速ディテールを確認していきます。

ディテール

「TWO WXY V2」のシルエットは前作同様のミッドカットタイプになります。

シューズのサイドには大きく「N」が入っています。

シュータンの右足は「TWO WXY」と入り、左足にはニコちゃんのマークが入ってます。

ヒールにはニューバランスのロゴを配置。

ミッドソール部にはニューバランスのクッショニングシステム「FUELCELL」の文字がはいっます。

アウトソールにもニューバランスのロゴと母指球辺りには「N」の文字が入ってますね。

アッパー

アッパーに採用しているのはニューバランスのテクノロジーである「Kinetic Stitch(キネティックステッチ)」を採用しています。

「Kinetic Stitch(キネティックステッチ)」はプレー時に足にかかる負担を研究して、その負担を和らげる位置にステッチを搭載している。

ストレッチが効いているので高いフィット感やサポート力を感じることが出来ます。

クッション

クッションは、前作同様の「FUELCELL」を採用しています。

「FUELCELL」は軽量かつ高いクッション性を持っています。最初はマラソン用のシューズに採用されいた。

また、クッション性を向上させる独自のABZORBDRS(ダイナミック・レスポンス・システム)を搭載し、レスポンスの良いコートフィールと、衝撃吸収性を実現しています。

アウトソール

アウトソールは耐久性が高いラバーソールを採用しています。

トラクションパターンは、母指球あたりからサークル状に溝が入ったパターンです。

かかと辺りはクリアソールになっていて、この部分が「FUELCELL」だと思います。

OTHER

サイズ:25.0~29.0cmの9サイズ展開です。

価格:16.500円(税込)になります。

「TWO WXY V2」のカラーバリエーション

「TWO WXY V2」の現在登場しているカラーを紹介していきます。

 

75th

created by Rinker
¥33,600
(2024/04/23 01:23:00時点 楽天市場調べ-詳細)

 

Gum Wall

 

 

Cold Summer

Vibrant Summer

Chalkboard

Neon Lights

Marigold Blue

さいごに

ニューバランスのバッシュ「TWO WXY V2」を紹介させていただきました。

デザインはもちろんですが、ニューバランスのシューズの性能は世界が認める性能です。その技術をしっかりと搭載されたバッシュなので良いバッシュだろう!

しかし、なかなかNIKEやアディダスと違って、実際に手に取る際にショップではなかなか見ることが出来ないので日本ではあまり浸透しなかった。

ですが、「TWO WXY V2」に関して、なぜか分かりませんがスポーツ専門ショップ「ゼビオ」で取り扱いしているので近くのゼビオに行けばこのバッシュを確認することができます。

気になれば是非、ゼビオの回し者ではありませんがゼビオに行ってみてください!