バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

Pick Up

【2021年版】各ブランドの最新おすすめバスケットシューズを紹介(注目のバッシュがたくさん)
【完全版】バスケを始める際に必要なバスケ道具・用品総まとめ(ここで全て揃えましょう!)
【最新版】バスケウェアを取り扱っているメーカー22社をまとめました。素敵なTシャツが見付かります!
【ビブラート1をおすすめする8つの理由お伝えします】睡眠の質を上げる事ができる高級マットレスのサブスクサービス開始

「UA HOVR Havoc 3」詳細とパフォーマンスレビュー【HOVRクッション初体験】

スポンサーリンク

「UA HOVR Havoc 3」詳細とパフォーマンスレビュー【HOVRクッション初体験】

こんにちは。

あじゃーるです。

 

近年「アンダーアーマー」のバスケットボール用シューズのレベルが上がってきている中、アンダーアーマーから「Under Armour HOVR Havoc 3」が販売されました。

f:id:ooma5164:20201025231707j:plain

アンダーアーマー独自のテクノロジーである「HOVRクッション」を搭載しているモデルで、HOVR HAvocシリーズとしては3作目のモデルです。

 

その「Under Armour HOVR Havoc 3」の詳細も紹介し、実際に着用したパフォーマンスレビューもしていきたいと思います。

 

また、現在までに登場している「Under Armour HOVR Havoc 3」のカラーバリエーションも紹介していきます。

 

 

「UA HOVR Havoc 3」詳細とパフォーマンスレビュー

アンダーアーマーから販売されているバスケットボールシューズの中でも売り上げ上位にある「UA HOVR Havoc 3」。

 

「UA HOVR Havoc 3」の詳細とパフォーマンスレビューを紹介していきます。

 

「UA HOVR Havoc 3」のディテール

f:id:ooma5164:20201011233750j:plain

「UA HOVR Havoc 3」はミドルカットのシューズタイプになります。

 

その為、どのポディションのプレイヤーにもおすすめできるシューズになっています。

 

f:id:ooma5164:20201011233907j:plain

シュータンにはアンダーアーマーのロゴと「HOVR HAVOC」と書かれたパーツが取り付けられています。

 

ヒール部分とアウトソールにもアンダーアーマーのロゴパーツが配置しています。

f:id:ooma5164:20201011233919j:plain

f:id:ooma5164:20201011233857j:plain

 

アッパー

f:id:ooma5164:20201011233803j:plain

アッパー素材は主に通気性と軽量性に優れているテキスタイルメッシュを採用しています。

 

シューズの前方部分は摩耗が激しかったり、強度を高める為にフューズ素材を取り付けられています。

 

クッション

f:id:ooma5164:20201025233543j:plain

クッション性はアンダーアーマー独自のクッション素材「HOVRクッション」をヒール部分に搭載されています。ヒール部分のハニカム型になっている部分に搭載されているので、外観からでもはっきり確認できますね。

 

シューズの前方は一般的なEVAフォームが採用されています。

 

トラクション

トラクションはヘリンボーンパターンを採用しています。溝が不規則なウェーブ状になっていて「グリップ性は問題ないのか?」と感じるかもしれませんが「様々な角度でも有効的なグリップを提供」と公式に書かれているので問題は無いかと思います。

 

サポート

f:id:ooma5164:20201011233817j:plain

サポート性は、シューホールが6ヶ所あるので、足とシューズのフィッティングを高められるようになっています。

 

ヒールには足のずれを軽減させるためにTPUプレートが内蔵されています。

ライナーには大きなインナーパッドが内蔵されていてシューズの締め付けによる足にかかるストレスを軽減してくれます。

 

また、ヒールパッドが大きく作れているのも足のサポート性を補強してくれています。

f:id:ooma5164:20201011233931j:plain

 

パフォーマンスレビュー

f:id:ooma5164:20201011233942j:plain

※インサイドビュー

 

f:id:ooma5164:20201011233957j:plain

※アップビュー

 

f:id:ooma5164:20201011234025j:plain

※フロントビュー

 

f:id:ooma5164:20201011234039j:plain

※サイドビュー

 

実際に着用して感じたことで1番強く感じたのは「足になじみやすい!」です。

 

新品のバッシュは足になじむまで少し時間がかかるのもが多いですが、「HOVR Havoc3」はシューズに足を入れて、靴紐を結んで立ち上がると、今まで履いていたような足とのフィーリング感を感じました。

 

マイサイズは28.5cmですので、今回も28.5cmを着用しました。

個人的には足幅は狭いタイプなのできゅうくつ感は無かったのですが、足幅は広い方には少しきゅうくつ感があるかもしれません。

 

クッション性はHOVRクッションは初めての体験でしたが、少し硬さを感じましたが実際に体育館でバスケをすると違和感なく、プレーできました。

 

グリップ性に関しては、アウトソールの複雑なトラクションに少し不信感がありましたが、実際は問題なくグリップしました。

ソールの形も丸みがある形状で力強くドライブしていく際にコートを蹴りやすくなっている感じがしました。

 

アッパーは全体的にメッシュを採用しているので、シューズに重みはそこまで感じられませんでした。またシューズ全体が柔らかく、新品でも簡単に屈曲していました。

この辺はアシックスのバッシュと同じ感覚でした。

 

 

「HOVR Havoc3」カラーバリエーション

 現在までに販売している「HOVR Havoc3」のカラーバリエーションを紹介していきます。

好みのカラーが見付かるといいですね♪

 

ホワイト・シルバー

f:id:ooma5164:20201025214107j:plain

ホワイトとシルバーのカラータイプ。

アウトソールも2カラーです。

f:id:ooma5164:20201025214230j:plain

部活での「白色限定」のバッシュ選択ではおすすめできるカラーリングですね!

 

レッド・ブラック

f:id:ooma5164:20201025214447j:plain

レッドとブラックの2カラータイプ。

レッドとブラックがどちらともはっきりしたカラーで画像よりも実際のカラーは鮮やかに仕上げられています。

 

ブラック・シルバー

f:id:ooma5164:20201025214918j:plain

シルバーとブラックの2カラータイプ。

落ち着いたカラーなので、ブラックが好みのカラーにはおすすめです。

ピンク・ブラック

f:id:ooma5164:20201025215340j:plain

アッパーはピンクとブラックのカラーでカラーが切り替わる部分はグラデーションカラーになっている。

 

ヒールのHovr部分はベージュカラーで、アウトソールはヒール部分がマーブルカラーになっていてかなり目立つカラーリングタイプになっています。

f:id:ooma5164:20201025215613j:plain

f:id:ooma5164:20201025215651j:plain

グリーン・シルバー

f:id:ooma5164:20201025215901j:plain

2色のグリーンでカラーリングされたモデル。

 

アウトソールにはグリーンとシルバーを配置。

f:id:ooma5164:20201025220706j:plain

このカラータイプはカエルに見える、もしくはアメコミのヒーロー「グリーンランタン」かどっちか。

f:id:ooma5164:20201025220906j:plain

シーグラスブルー・ブラック

f:id:ooma5164:20201025221339j:plain

鮮やかなブルータイプのモデル。海外限定のモデルで海外から取り寄せになるそうです。

在庫があるうちに手に入れたいですね!

レッド・シルバー

f:id:ooma5164:20201025221623j:plain

全体的にレッドのカラーで仕上げられたモデル。

 

アウトソールにはシルバーカラーが入っていますが、かなり目立つカラータイプですね!

ブルー・シルバー

f:id:ooma5164:20201025221951j:plain

ブルーカラータイプですが、シューズ前方はネイビーに近いブルー、後方は深い色合いのブルーで仕上げられている。

 

レッド同様に目立つカラーですね!

最後に

今回、実際に手に取って購入したものでなく、ネットの画像と他のレビュアーのみで購入したので、少し不安感はありましたが、やはり信頼できる「アンダーアーマー」

 

自分の期待感をしっかりと裏切らない作りになっていました。

HOVRクッションも初めてでしたが、柔らかすぎず硬すぎない程よい作りになっていると思いますので、クッション性の好みは分かれるシューズでもあると思います。

 

購入の際はやっぱり試着をおすすめします。

 

今後のアンダーアーマーバスケットシューズを楽しみにバスケライフを送りましょう!