D,O,N,

【アディダスバッシュ】D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)の特徴とカラー紹介「キレのある動きが欲しいならこのバッシュ」

こんにちは。

あじゃーるです。

ドノバン・ミッチェルのシグネチャーモデル「D.O.N.ISSUE」シリーズ4作目になる「D.O.N.ISSUE#4」がついに販売開始された。

D.O.N.ISSUE#4

近年のバスケットボールに必要な「スピード」を最大限に引き出すことが出来るように作られたモデル「D.O.N.ISSUE#4」

D.O.N.ISSUE#4について特徴とカラーバリエーションを紹介していきます。

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)の特徴

ドノバン・ミッチェルはバスケット界最速かつ最もダイナミックな点取り屋の1人である。

そんなミッチェルの「スピード」「クイックネス」を強化する手助けをするためアディダスが作っている「D.O.N.ISSUEシリーズ」

その「D.O.N.ISSUEシリーズ」の4作目になるのが、今回紹介するD.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)である。

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)は、過去モデルからさらにアップデートされたモデルになっている。

そのアップデートされた部分など、D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)の特徴を紹介していきます。

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)のディテール

「D.O.N.ISSUEシリーズ」の特徴は、ローカットスタイルが基本形状になっている。D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)もローカットスタイルで作られている。

過去モデルと比べ、かなり細めな形になっている。まるで、サッカーのスパイクの様ですね。

シュータンには、ミッチェルのシグネチャーロゴを配置。アッパーのサイドにはアディダスのスリーストライプを配置しています。

ヒールには「D.O.N.」の文字を刻印。アディダスロゴも配置しています。ヒールサイドには「MITCHELL」の文字が入ったパーツが取り付けられています。

シューレース部には「ISSUE#4」のパーツが取り付けられていますね。

甲部分には「LIGHTSTRIKE」の文字が入っている。

シューホールが7つもあるので、自分好みのフィット感が作りやすくなった。ホール部分も補強されているのできつく縛っても問題なさそうだ!

アウトソールのトラクションパターンはクモの巣のようなウェーブ状のトラクションパターンになっています。

LIGHTLOCKアッパー

軽量かつサポート性の高い「LIGHTLOCKアッパー」を採用している。「LIGHTLOCKアッパー」はアディダス独自の技術で、すでにサッカーや野球のスパイクなどに搭載されているテクノロジーである。

通気性にも優れていて、万能なアッパーだ。

ライトストライククッション

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)のクッションは前作同様の「ライトストライククッション」を採用している。ライトストライククッションは軽量で高いクッション性を持った、アディダス一押しのクッショニングシステムになっています。

ラバーソール

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)のアウトソールは、ラバーを使用したアウトソールで、耐久性とグリップ性能が高いソールになっている。

また、トラクションパターンが独特なパターンになっていて、キレのあるカットや頭の動きでフェイントをかけるときに、サポート力を発揮するように作られた。

OTHER

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)のサイズ展開は24.5~30.0、31.0㎝の13サイズ展開である。サイズの「24.5㎝」があるのは結構貴重なサイズですね。

価格は15.400円(税込)の設定です。

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)のカラーバリエーション

D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)の登場しているカラーを紹介していきます。D.O.N.ISSUEシリーズは、コラボモデルも多くコミックが好きなミッチェルの遊び心も取り入れた楽しいバッシュです。

好みのカラーがあれば良いですね!

レッド・ブラック

ブラック

ホワイト

グレー・ブリスライラック

ブラック・ホワイト

ホワイト・グレー

さいごに

アディダスからでているドノバン・ミッチェルの4作目になるシグネチャーモデル「D.O.N.ISSUE#4(ドンイッシュー#4)」を紹介しました。

毎作、進化した部分がミッチェル本人はもちろん一般の使用者が好評しまくるくらい素晴らしいバッシュになっています。

今作も過去モデルより「軽量」に力を入れられたのでかなり期待していい。

ミッチェル本人も「キャバリアーズ」に移籍して、新天地で新シーズンの飛躍を誓った。NBA2022-23シリーズはミッチェルも楽しみだが、ミッチェルを支える足元も楽しみのシーズンになりそうですね。