バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

Pick Up

【2021年版】各ブランドの最新おすすめバスケットシューズを紹介(注目のバッシュがたくさん)
【完全版】バスケを始める際に必要なバスケ道具・用品総まとめ(ここで全て揃えましょう!)
【最新版】バスケウェアを取り扱っているブランドの28社を紹介【実は意外と多いバスケブランド】
プロスポーツ選手・アスリートが愛用しているマットレスを一挙紹介【スポーツをしている方におすすめしたいマットレス】

【2022年版】各メーカー・ブランドの新作バッシュを紹介。バッシュの選び方やポジション別のおすすめも紹介

【2022年版】各メーカー・ブランドの新作バッシュを紹介。バッシュの選び方やポジション別のおすすめも紹介

こんにちは。

あじゃーるです。

 

バスケをする上で欠かせない物の1つ

f:id:ooma5164:20211123150745p:plain

「バッシュ」

 

自分の足に合う物を選ぶことでパフォーマンスを向上させたり、ケガ防止・疲労軽減に活躍します。

 

人気ブランド・メーカーから出ている新作バッシュを紹介していきます。

 

また、バッシュはメンズ・レディース・ジュニアと性別や年代によって適しているモデルは異なります。さらに各ポジションに適したバッシュもあるため、バッシュの選び方等も合わせて紹介します。

 

 

【2022年版】各メーカー・ブランドの新作バッシュを紹介

バッシュの選び方

f:id:ooma5164:20211212233950p:plain

バッシュを購入する前に、3点のポイントを確認してバッシュを購入しましょう。

バッシュ購入ポイント3点 足の指先から0.5〜1cm余裕のあるサイズを選ぶ
屈曲性のあるバッシュを選ぶ
自分のプレースタイルに合わせたバッシュを選ぶ

 

足の指先から0.5〜1cm余裕のあるサイズを選ぶ

バッシュを選ぶ際は、通常履いているシューズのサイズから0.5〜1cm大きめのサイズを選ぶのをおすすめします。

 

バスケは動きが激しいスポーツなので、足の大きさに対してバッシュが小さかったり、ぴったりすぎると足が痛くなったりします。逆に大きすぎるとうまく動けなくなってしまいます。

 

また、メーカーやブランドによって横幅が違うので足幅もきゅうくつじゃないかも確認してください。

 

そして、バスケのソックスはほとんどが分厚く作られているのでソックスの厚みも考慮しながらバッシュを選んでください。

 

屈曲性のあるバッシュを選ぶ

「屈曲性」を見る部分は、アウトソール(靴底)の曲がり具合です。

 

屈曲性の高いバッシュだと走り出しや止まったりする際に瞬発力が上がる効果があります。逆に硬すぎるアウトソールだと動きが少し制限されて動きにくくなることもあります。

 

しかし、柔らかすぎるのも体重を支えられずに衝撃吸収できないので柔らかすぎず、硬すぎずの自分に合ったバランスの取れたバッシュを選んでください。

 

自分のプレースタイルに合わせたバッシュを選ぶ

バスケはプレーするのに各ポジションがあります。

 

ポジションは大きくアウトサイドとインサイドとあります。

アウトサイドポイントガード
シューティングガード
フォワード

アウトサイドでプレーするプレイヤーは、コート全体に動く必要があり、高い持久力と運動量が必要とされます。

 

その為、動きやすいく軽量なバッシュがおすすめです。

 

インサイド センター
パワーフォワード

インサイドのプレイヤーは相手とぶつかりながらプレーするシーンが多いので、力強く踏ん張りが効く安定感のあるバッシュがおすすめです。

 

また、クッション性が高いバッシュを選ぶことで足にかかる負担を軽減してくれるのでゲーム終盤でも力強くプレーできます。

 

近年のバスケはポジションレス化が支流になっているので、どのポジションもマルチにこなせるプレイヤーが求められていますが、自分の得意な場所を考えてバッシュを選ぶことも大切ですね。

 

バッシュの人気ブランド・メーカーを紹介

f:id:ooma5164:20211212234914j:plain

国内でバッシュを取り扱っているなじみあるブランドやメーカーの特徴を簡単に紹介します。

Asics(アシックス)

f:id:ooma5164:20211208231111j:plain

アシックスのバッシュは国内で1番使用されているバッシュになります。

 

日本人の足に合わせて設計しているバッシュなので、国内で1番使用されている理由が分かりますね。

 

バスケ初心者やこれからバスケを始める人におすすめしたいメーカーです。

 

アシックスのおすすめするバッシュは

f:id:ooma5164:20211208230246p:plain

ゲルバースト25

アシックスを代表する「ゲルバースト」シリーズの25作目のモデル。

 

軽量・高グリップでブレが少ないのが特徴でどのポジションのプレイヤーにもおすすめできるバッシュです。

他にもアシックスの最新モデルを紹介した記事あるので気になる方は覗いてみてください。

 

NIKE(ナイキ)

f:id:ooma5164:20211208231350j:plain

ナイキはアメリカのスポーツメーカーで、ナイキのバッシュは世界で1番、着用率の高いバッシュである。

 

ナイキのバッシュはデザインがかっこいい物が多い。そして、バッシュの性能も高い!ナイキの代表するクッション技術である「AIR Zoom」は抜群のクッション性です。

 

様々なタイプがあるので選ぶ楽しさもあるが、海外のブランドで外国人の足に合わせたバッシュなので日本人の足に合いにくいタイプもあるので注意が必要。

 

そして、デザイン性や性能も高いので、バッシュの価格が高いのもデメリットです。

 

ナイキの2022年に販売されたバッシュをまとめた記事を用意しています。

内部リンク→【2022年】ナイキの新作バッシュまとめ

 

under armor(アンダーアーマー)

f:id:ooma5164:20211208232059j:plain

アンダーアーマーのバッシュの特徴は、独自開発のクッション技術や素材などを使用してクッション性・グリップ力・軽量化・フィット感の全ての項目のレベルが高いのがアンダーアーマーの特徴です。

 

デザインも特徴的で、一目でアンダーアーマーのバッシュだと気付けるほどなじみ深くなりました。

 

高性能でデザイン性も良いアンダーアーマーのバッシュですが、どのバッシュも価格は1万円前後で買える低価格なのもありがたいです。

 

ジュニア用のバッシュも取り扱っているので、子どもにもおすすめできるブランドです。

 

最近ではのスター「ステフィン・カリー」が独自ブランドを立ち上げさらに盛り上がってきているアンダーアーマー。

 

アンダーアーマーのおすすめのバッシュは

f:id:ooma5164:20211208232332p:plain

UAフローフューチャーX

 

軽量のメッシュアッパーとUAフロークッショニングを採用したアウトソールで高いグリップ力と反発性を実現させた最高のバッシュです。

 

フィット感を高める為に採用されたストラップですが、実際はあまりフィット感を高められないようです。

しかし、軽量性とグリップ・クッション性どれをとってもハイレベルなバッシュで本当におすすめです。

他にもアンダーアーマーの2022年に販売されたバッシュをまとめた記事がありますので気になる方は覗いてみてください。

内部リンク→【2022年】アンダーアーマーの新作バッシュまとめ

 

adidas(アディダス)

f:id:ooma5164:20211208234111j:plain

アディダスバッシュの特徴は、世界的にナイキに続く人気のブランドです。

 

NBA選手もシグネチャー契約を交わす選手も増え、シグネチャーモデルも多く出ています。

 

どの、バッシュもデザインが個性的でかっこいい物が増えてきた。

アディダスのバッシュは少し重いイメージがありましたが、独自開発した軽量クッションフォームを搭載して、かなりの軽量化が実現されえた。

 

アディダスのバッシュは好き嫌いがはっきり分かれそうですが性能は間違いなしです!

 

アディダスのおすすめバッシュは

f:id:ooma5164:20211208234419j:plain

アディダス デイム7

 

NBAスター「デイミアン・リラード」のシグネチャーモデルのデイム7

 

デザイン性が良く、クッション性と軽量の「ライトストライクフォーム」を搭載したバッシュです。

 

価格が低価格な上性能もいいので、アディダスのおすすめしたいバッシュの1つです。

 

他にもアディダスの最新バッシュをまとめた記事がありますので覗いてみてください。

 

内部リンク→【2022年】アディダスの新作バッシュまとめ

 

PUMA(プーマ)

f:id:ooma5164:20211209234942j:plain

プーマはバスケよりも、「サッカー」・「陸上」などのイメージが強いが近年、バスケにも力を入れバスケブランドとして人気を上げてきている。

 

プーマバッシュの特徴は、昔ながらのデザイン性と近未来的なデザインをさわせたバッシュです。

 

陸上やサッカーで培った技術をバッシュにも搭載して、他のブランドにはない新感覚なバッシュが多く、見た目以上に性能が高くNBA選手も多く着用しています。

 

プーマバッシュは初心者にもおすすめできる安定性があるバッシュです。

 

プーマのおすすめバッシュは

f:id:ooma5164:20211209235217j:plain

グライドAll‐Proチームミッド

 

プーマらしさがあるデザイン。軽量でクッション性の高い「Pro-Foam」が搭載されたモデル。

 

ローカットのモデルもあり、人気が高かったがミドルカットも登場した。

 

軽量かつ安定性が高いおすすめのバッシュです。

他にもプーマおすすめの最新バッシュをまとめた記事がありますので、気になる方は覗いてみてください。

内部リンク→【2022年】プーマの新作バッシュまとめ

 

レディースにおすすめするバッシュ

 

Asics(アシックス)

LADY GELFAIRU ®8

f:id:ooma5164:20211210000731j:plain

アシックスの代表的なレディースモデルのバッシュ

「LADY GELFAIRU ®8」

 

バッシュの性能はもちろんですが、女性にうれしい吸汗速乾性・消臭効果のある素材を表面に使用した中敷きを採用している。

 

サイズは22.0~26.5cmの10サイズ展開です。

 

NIKE(ナイキ)

カイリー4LOW

f:id:ooma5164:20211210002050j:plain

カイリー・アービングのシグネチャーモデル「カイリーシリーズ」のLOWモデル。

 

クッション性と反発性が高く、シューズ内で足がずれないようにしっかりと固定します。

 

レディースでも履きやすい軽量タイプになります。

 

under armor(アンダーアーマー)

UAジェット21

f:id:ooma5164:20211210003436j:plain

UAジェット21の特徴は、軽量タイプです。女性に優しい重さの無いシューズ。

シュータンはメッシュなので通気性は高いですが、アッパーがメッシュではないので少し通気性は悪いのとシューズのネジレを補強する為のサポートパーツが無いのでちょっと不安ですが、グリップ性は問題ないのでしっかりと履けるおすすめのバッシュです。

 

adidas(アディダス)

プロブーストロー

f:id:ooma5164:20211211233119j:plain

アディダスの軽量に定評があるクッション「ライトストライクフォーム」と反発性が高い「BOOSTミッドソール」を搭載したプロブーストのローカットモデル。

 

ローカットですが足首周りを独自のシューレースシステムがしっかりと固定できます。またアッパーとシュータンがメッシュ素材で出来ているので通気性が高く、蒸れなの心配も安心です。

 

MIZUNO(ミズノ)

ウエーブプライドBB3

f:id:ooma5164:20211211234425p:plain

ウェーブプライドBB3の特徴は軽量で高いグリップ性を持っている。また波形のサポートパーツがシューズのネジレを防止して、安定性のある動きを提供してくれます。

 

またアウトソールの中央部分に通気口があり、シューズ内の蒸れを防ぎます。

カラーもポップなカラーで人気が高いです。

 

内部リンク→【2022年】レディースのおすすめ新作バッシュまとめ

ジュニアにおすすめするバッシュ

f:id:ooma5164:20211212235829p:plain

Asics(アシックス)

DUNKSHOT MB9

f:id:ooma5164:20211212001758p:plain

「ジュニアにおすすめのバッシュは?」と聞かれたら1番におすすめしたいのが、このアシックスの「DUNKSHOT(ダンクショット)」です。

 

成長期の子どもの足を考慮したジュニア専用ラストを採用しています。


ミッドソール底面の中央に硬度の低い部分を配置することで、スムーズな重心移動を実現します。
足首周りにE.V.A.スポンジを内蔵しているので、足首周りのサポートが安心です。
アッパーのメッシュの面積を大きくとることで、汗をかきやすいジュニアプレーヤーでもムレにくいようにな作りになっているのがありがたいです。

 

DUNKSHOTはミニバス協会推奨のバッシュになっているお墨付きのバッシュ!

 

サイズは19.0~25.0㎝の12サイズ展開です。

NIKE(ナイキ)

チームハッスルD10

f:id:ooma5164:20211212002744j:plain

ナイキのジュニアサイズ代表バッシュは、この「チームハッスル」です。

 

シリーズも10作品目になり、根強い人気です。

 

アウトソールは、圧力マッピングを利用してデザインされたラバーソールで、すばやいカットとあらゆる方向への動きに対応するグリップ力を追求してくれます。

 

曲線を描いたヒールと柔軟性に優れた溝が、踏み出すたびに自然な履き心地を実現します。

 

フィット感も良く、編み構造と計算して配置されたウェビングを組み合わせ、片手でシューレースを引くだけでぴったりフィットします!

 

通気性に優れたメッシュ素材が、涼しい状態をキープ。 走ったりジャンプしたりするときにも、かかと周りのレザーが安定性とサポート性を発揮します。

 

つま先を引きずっても壊れにくいよう、トゥチップを補強して耐久性を強化しています!これはありがたいですね!

 

サイズ展開は22.5~25.0㎝の6サイズ展開です。

under armor(アンダーアーマー)

UAジェット21(KIDS)

f:id:ooma5164:20211212000840p:plain

UAジェット21(KIDS)の特徴は、EVAミッドソールが必要なクッショニングを提供してくれます。

 

クラシックなレザーアッパーが優れた耐久性と通気性を提供してくれます。

 

履き口に配したプラッシュ素材のフォームが快適な履き心地とサポートして、ミッドソールのヘリンボーンのトラクションパターンがコントロール性とグリップ力を最大限に発揮。

 

軽さがあり、シューズの硬さも柔軟性があるので、ジュニアにおすすめできるUAのバッシュです。

 

サイズは22.5~25.0㎝の6サイズ展開になります。

adidas(アディダス)

CROSSEMUP 5 K WIDE

f:id:ooma5164:20211212000238j:plain

将来のバスケのスター選手の足を守る、キッズ用アディダスシューズ。

 

メッシュのシュータンが通気性を、床に吸い付くようなアウトソールがトラクションを発揮。さらに一日快適にプレーできるよう、クッション性のあるCloudfoamミッドソールを合わせている。

 

成長速度が速いジュニアの足に合わせて、シューズも幅広設計です。

 

見た目もかわいいのでキッズにぴったりのバッシュですね♪

サイズは17.0~25.0㎝の13サイズ展開です。

 

MIZUNO(ミズノ)

ルーキーBB5

f:id:ooma5164:20211211235342p:plain

足に優しいクッション性と、ライナーのクッションパッドが足首のサポートに効果があります。

 

バスケ初心者やミニバスプレーヤーにおすすめしたいバッシュです。

 

サイズは19.0、20.0、21.0~25.0cmの11サイズ展開です。

 

他にも各メーカーの最新おすすめジュニアバッシュを紹介した記事も用意していますので、気になる方は覗いてみてください。

内部リンク→【2022年】ジュニアのおすすめ新作バッシュまとめ

 

各ポジションにおすすめするバッシュの特徴は

f:id:ooma5164:20211213000257p:plain

この記事の冒頭でも紹介させていただきましたが、バッシュ選びでは各ポジション別におすすめのバッシュがあります。

 

アウトサイド

アウトサイドが得意なプレイヤーはコート全体を動けるフットワークと持久力が必要です。

 

その為には、軽量で足首周りが自由に動かせるバッシュがおすすめです。

がっちりと足回りがサポートされていると「軽快に」とはなかなか動けませんよね?また重すぎると徐々にスタミナも奪われていきゲーム終盤に自分の力を発揮できなくなります。

 

そんなアウトサイドプレイヤーには「ローカット」のバッシュをおすすめします。

 

2000年頃にNBAのスター「コービー・ブライアント」が今までのバッシュの概念だった足首をしっかりサポートするバッシュではなく、ランニングシューズのようなローカットタイプを取り入れた。

 

そのローカットタイプのバッシュが瞬く間に人気になり、近年ローカットタイプを着用するプレイヤーが増えてきました。

 

様々あるローカットタイプのバッシュを各ブランドの最新モデルをまとめた記事を用意しています。気になる方は覗いてみてください。

 

www.bball1202.net

 

 

インサイド

インサイドプレイヤーにおすすめするバッシュは「安定性」と足の負担を軽減する作用がある「クッション性」の高いバッシュです。

 

バッシュを選ぶ際は、「ねじれに強いか?」「クッション素材は何を使っているのか?」など確認してみてください。

 

さいごに

f:id:ooma5164:20211213000345p:plain

2022年の各メーカー・ブランドの最新おすすめバッシュを紹介させていただきました。

 

各ブランドのバッシュ性能は年々上がってきています。ブランドの特徴が自分に合うかを確認して、好みのブランドのバッシュを選びましょう。

 

また「ポジション別のバッシュ」とありますが、最近のバスケでは「ポジションレス化」が進んできています。

 

どのプレイヤーでもオールラウンドに何でもこなせるプレイヤーが求められている。なので「自分はガードだから軽量バッシュを買わなくっちゃ!」とはあまり思わないで、分の身体に合ったバッシュを選んでください♪