バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

バスケットボール楽しんでる?

バスケが好きな人に贈るためのブログ

NBAオールスターウィークエンド。それぞれの結果が出た。結構楽しめたね♪

スポンサーリンク

f:id:ooma5164:20190220003252j:plain

こんにちは。

あじゃーるです。

今週はNBAオールスターウィークエンド。

 

オールスターゲームの前夜祭では、様々なコンテストでオールスター本戦を盛り上げてくれます!

 

毎年恒例の3つのコンテスト

3Pコンテスト

ダンクコンテスト

スキルチャレンジ

 

今年も去年より熱く盛り上がったコンテストになった!

f:id:ooma5164:20190218002935j:plain

 

各コンテストのルールや出場選手については下の記事で紹介している。

 

www.bball1202.net

 

 

 

・3Pコンテスト

f:id:ooma5164:20190207001941j:plain

出場選手を簡単に紹介

〇デビン・ブッカー

〇セス・カリー

〇ステフィン・カリー

〇ダニー・グリーン

〇ジョー・ハリス

〇バディ・ヒールド

〇デイミアン・リラード

〇クリス・ミドルトン

〇ダーク・ノビツキー

〇ケンバ・ウォーカー

 

 

ファーストラウンド結果

1.ジョーハリス

序盤はあまり入っていないイメージだったが4ヶ所中3本カラーボールを決めていた。

そして最終コーナーではカラーボールを5つすべて決めるスーパーシュートで初回から25ポイントと言う好成績を出し、後続者にプレッシャーを与えた!!

 

2.ケンバ・ウォーカー

ウォーカーは最終コーナーに5つカラーボールを置き、3つゴールに沈めたが、前半のミスが響き15ポイントに終わった。

 

3.クリス・ミドルトン

ミドルトンはセンターに5つカラーボールを置く。しかし、どの位置でもミスショットにおわり11ポイントの結果になった。

 

4.セス・カリー

セスはシュート成功率は高い方だったが、カラーボールをしっかりと決めることができす、16ポイントに終わる。

 

5.デイミアン・リラード

リラードも思いのほかシュートが決まらず、15ポイント。

 

6.バディ・ヒールド

バディは全ポディションでカラーボールを決め、5つカラーボールエリアも4つ決める大健闘で26ポイント!!

 

7.ダニー・グリーン

グリーンもバディ」に続きどのエリアも高確率でシュートを決めていた。しかし最終エリアの5つのカラーボールをうまく決めることができず23ポイントとなった。

惜しい!!

 

8.ダーク・ノビツキー

ノビツキーは序盤、乱調していたが、終盤修正し、シュートを決めることができていたが時すでに遅し!!17ポイントの結果でした。

 

9.ステフィン・カリー

カリーは5エリア中3エリアパーフェクトに決め、その1つのエリアはなんと5つカラーボールエリア!得点は27ポイント。すげかった!!そしてどのシューターよりも、高い放物線を描いている。さすがカリーと思いました。

 

10.デビン・ブッカー

前回覇者のブッカー。4エリアは全然ダメだったが最終エリアの5つカラーボールエリアでは根性のパーフェクト!ブッカーチャージで23ポイント。好成績でしたが、決勝ラウンドには及ばず、予選敗退。

 

 

予選

1位ステフィン・カリー

2位バディ・ヒールド

3位ジョー・ハリス

 

ファイナルラウンド結果

1.ジョー・ハリス

予選同様にすべて高確率にシュートを決め5つカラーボールエリアでもパーフェクトで決める!26ポイントと決勝でも好成績の結果!初回からプレッシャーやばいな!

 

2.バディ・ヒールド

ハリスのプレッシャーもあったのか前半はリングに嫌われた。最終修正はしてきたが19ポイントとハリスには及ばなかった・・・

 

3.ステフィン・カリー

予選で見せた好成績のまま、前半は得点を重ねたがセンターでのシュートが、入らず、そのミスが響き、24ポイントだった。

 

優勝

f:id:ooma5164:20190218220757j:plain

初優勝となったジョー・ハリス。おめでとう!!

 

 

ダンクコンテスト

f:id:ooma5164:20190207002612j:plain

選手紹介

〇デニス・スミス・ジュニア

〇マイルズ・ブリッジス

〇ハミドゥ・ディアロ

〇ジョン・コリンズ

 

ファーストラウンド結果

1.ジョン・コリンズ

コリンズの1回目のダンクは跳躍を活かしたダンクだ!

頭がリングにぶつかりそうなほど飛んでいる!しかも、左腕でバックボードを持っている。これを普通にやってのけるあたり、やっぱりこの人ら化け物

f:id:ooma5164:20190219232001j:plain

得点は40点

 

2回目のダンクは飛行機の模型をコート上に出し、その上を飛び越えるダンクを披露した。

f:id:ooma5164:20190219233424j:plain

得点は42点

 

 

2.ハミドゥ・ディアロ

ディアロはチームメイトのウェストブルックを呼び、パスを要求した。

バックボードにボールを当て空中で取り、そのまま豪快なウィンドミル!!

f:id:ooma5164:20190219232409j:plain

得点は48点

 

2回目はシャックをコート上に招き入れ、ゴール下に立たせた。213cmもあるシャックを飛び越えてワンハンドダンク!しかも肘までゴールに入れる余裕を見せた。

f:id:ooma5164:20190219234345j:plain

得点は50点

 

 

3.デニス・スミス・ジュニア

スミスはボールをゴール付近でバウンドするようになげそのボールを空中で取り一回転しながらのワンハンドダンク!1人アリウープを決める。ダンクコンテストではよく見るダンクだね。

f:id:ooma5164:20190219232741j:plain

得点は45点

 

2回目は、開催地ノースカロライナ州出身のラッパー、J・コールにアシスト役を頼み、彼をペイント内に置いた椅子に座らせ、頭上へのトスを要求。スミスJr.は高校時代にバスケットボール選手だったコールのジャージーに着替えて試技に入る。パスを受け取りワンハンドダンクを成功させた。

f:id:ooma5164:20190219233836j:plain

得点は50点

 

 

4.マイルズ・ブリッジス

ブリッジスもチームメイトのウォーカーにパスを要求!

バックボードに当てボールを空中で取り一回転しながら豪快ダンク!すげーっかった!!

f:id:ooma5164:20190219233132j:plain

得点は満点の50点!

 

 

決勝に進んだのは

ハミドゥ・ディアロとデニス・スミス・ジュニア

 

 

ファイナルラウンド結果

1、デニス・スミス・ジュニア

1回目のダンクは失敗に終わり35点

 

2回目はウェイドとカリーをコートに呼び、カリーのパスからウェイドをジャンプで超えて空中でボールを取りそのままダンクを決めた。

f:id:ooma5164:20190219235635j:plain

得点は50点

 

2.ハミドゥ・ディアロ

1回目のダンクは、ボールをゴール付近にバウンドさせ、空中で取り、そのままワンハンドダンク!普通のダンク方法であるが、それ以上に跳躍力が目立った!

f:id:ooma5164:20190219235536j:plain

得点は43点

 

2回目はラッパーのクエヴォをコートに呼び寄せた。クエヴォにボールを後頭部のあたりで持たせたところに走り込み、豪快にダンクを成功させた。

f:id:ooma5164:20190219235844j:plain

得点は45点

 

スミスを上回りディアロが優勝を決めた。

f:id:ooma5164:20190219235938j:plain

 

 

 

スキルチャレンジ

f:id:ooma5164:20190207001931j:plain

選手紹介

〇マイク・コンリー

〇ルカ・ドンチッチ

〇ジェイソン・テイタム

〇トレイ・ヤング

〇デアーロン・フォックス

〇二コラ・ヨキッチ

〇カイル・クーズマ

〇二コラ・ブーチェビッチ

 

ファーストラウンド結果

1回戦

二コラ・ヨキッチ対二コラ・ブーチェビッチ

序盤はブーチェビッチがリードしていたが、最後の3Pを1発で決めたヨキッチが勝利した。

 

2回戦

マイク・コンリー対ジェイソン・テイタム

こちらもマイク・コンリーが序盤リードしていたが最後の3Pが入らずテイタムが勝利。

 

3回戦

トレイ・ヤング対デアーロン・フォックス

大きくフォックスがリードしていたが、3Pが入らず、トレイ・ヤングが遅れてきたが3Pを決め勝利。

 

4回戦

ルカ・ドンチッチ対カイル・クーズマ

2人とも互角でしたが、最終ドンチッチが3Pを決め勝利した。

 

 

セカンドラウンド結果

1回戦

二コラ・ヨキッチ対ジェイソン・テイタム

テイタムが遅れていたが、3Pを一回で決め、勝利。

 

2回戦

トレイ・ヤング対ルカ・ドンチッチ

最初はドンチッチがリードしていたが、半ば反則なドリブルをした、ヤングが1発で3Pを決め決勝に進出!

 

ファイナルラウンド結果

ジェイソン・テイタム対トレイ・ヤング

序盤はヤングが完璧に進め、大きくリードしていた。3Pも落ち着いてシュートを打ったが、遅れていたテイタムがハーフコートラインから、あきらめかけのシュートを打った。

f:id:ooma5164:20190220002454j:plain

それがなんと入ってしまい。

テイタムが優勝!!

ミラクルですな!!

f:id:ooma5164:20190220002532j:plain

ヤングむ残念そうでした。

 

 

最後に

2019年のオールスターウィークエンドも終了した。

毎年スラムダンクコンテストが注目されているが、今年は3Pコンテストが注目選手が多く出場するので注目を集めていた!

スキルチャレンジも前まではチーム戦やったけど、やっぱりソロの方がいいよね♪

ダンクコンテストはダンク方法もそろそろネタ切れ感が・・・

 

また来年ですね。

f:id:ooma5164:20190220002918j:plain

 

 

 

そろそろ旅行の計画を!

宿泊先の予約は↓↓

スポンサーリンク