バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

バスケットボール楽しんでる?

バスケが好きな人に贈るためのブログ

子どもに合ったバスケットシューズ オススメ3選

スポンサーリンク

f:id:ooma5164:20181018195308j:plain

こんにちは。

あじゃーるです。

 

小学校・中学校で子どもがバスケットを始める事になり、まず初めに用意してあげないといけないものは。

「バスケットシューズ」

f:id:ooma5164:20181015224547j:plain

※アニメ:「スラムダンク」より

初めてバスケットをする際に、バスケットシューズ(以下:バッシュ)選びは大切!

間違ったバッシュを選ぶと、子どものケガに繋がるので、バッシュ選びは慎重に。

 

しかし、親が経験者なら、バッシュ選びにアドバイス等ができるが、バスケットを知らない親からした、何を選んだらいいのかわかりません。

しかもバッシュっていい値段がする。

f:id:ooma5164:20181008123910p:plain

もちろん、バッシュ選びは慎重になる。

 

そんな、何を選んだらいいのかわからない方の為に、子どもの為のバッシュの選び方、オススメのバッシュを紹介します。

 

 

子どものバッシュ選び方

1.海外メーカーよりまずは、日本制

 デザインだけを見ると圧倒的に海外メーカーがかっこいい!日本のメーカーはシンプルなデザインになっている。

f:id:ooma5164:20181015233743j:plain

上部の2足を見ても子供心をくすぐるのはやっぱり、海外メーカーでしょう。

しかし、日本人に足を知っているのは、やっぱり海外メーカーよりも国内メーカー。

海外メーカーはほとんどが幅細身設計になっていてる。

サイズが合っていても海外メーカーだと幅が窮屈に感じて、履き心地が悪くなるかもしれません。

また、国内メーカーの「asics(アシックス)」は日本ミニバスケットボール連盟からも

推奨シューズとしてオススメされている。

f:id:ooma5164:20181111221423j:plain

ジュニアの足にやさしくフィットするような設計

・着地動作をサポートするためつま先部の接地面積を広く設計

・スムーズな重心移動をサポートするためのミッドソール部分

・けが予防のための足回りのホールド性

・分厚いミッドソールによる着地の衝撃の減少

・足にやさしい軽量化

このようなポイントでジュニアの為に設計されている。

なので、子どものバッシュ選びは、まず「日本製」のバッシュを選びましょう。

 

2.子どもの足のサイズに合わせて

サイズ選びは基本的に大人もも子どもも一緒で足のサイズ➕0.5〜1㎝大きいサイズを選ぶのが良い。

大人になると、自分の足のサイズも分かり、バッシュもどれくらいのサイズを履くのが良いかわかってくると思います。

しかし、成長期の子どもはどんどん足が大きくなってきます!

先ほどの0.5〜1㎝大きいサイズを選んでいても、気が付けばキツくなっていることも多々…

しかも、子ども自身はその成長の変化にあまり敏感に気付けず「実はバッシュがキツかった!」って言うことも多いです。

 

バッシュが足に合っていないとプレーもしにくく、成長期なので、ちょっと大きめのバッシュを用意しても、ケガにも繋がるので子どもの足のサイズは大人が気にして、半年に1回くらいは計るのをオススメします。

 

3.中敷きも重要

「中敷なんてかえなくても・・・?」って思うかもしれませんが、実は中敷も子どものプレーやケガにも繋がるくらい重要な物です。気付かないうちに中敷きに穴が開いていることもあるので、チェックしてあげてください。国内のバッシュの中敷は簡単に取り替えることができる。

これを子どものバッシュのサイズに合わせて新品に交換するのも親の役目ですね!

膝えの負担も軽減されます。

オススメは

 「ソルボDSIS インソール バスケットシューズ 衝撃吸収」

 

f:id:ooma5164:20181016233632j:plain

 

バスケット特有の衝撃の強いジャンプ着地時や、ストップ時に起こりやすい足関節のネンザや軽減したり、足の動きやバランスが良くなり足のトラブルを軽減してくれます。バスケットボール特有のトラブルに対し優れた効果が期待できるインソール。

サイズは2S(22.0cm)~3L(31.0cm)の6サイズあります。

自分も学生時代使っていた!

すごくいいインソールだが、難点としてはこれも使用していくにつれて、中敷きが削れていくのだが、ラバー部分がボロボロと出てきてしまうのが少し難点・・・

 

他は値段も高くないし文句なし!

 

4.とりあえず、両足履いてみる

 ネットでめぼしいバッシュを見つけて、即購入!っでわ無く、スポーツ店で実際に

履いて確認してみてください。

その際に必ず両足履くのをオススメします。

f:id:ooma5164:20181017000325j:plain

片足だけじゃ、実際の感覚が掴めず、いざ購入して、体育館では「あれ?」ってなるともったいないですよね・・・

 

なので両足履いてみてください。

また、店内で迷惑でなければ、その場で飛んだり、床を蹴ってみてバッシュの効き具合を確認するのもオススメです。

f:id:ooma5164:20181017002424j:plain

f:id:ooma5164:20181017002435j:plain

5.ソールの硬さを確認

ソール部分が固いと動きにくくなり、足にも良くないと言われています。

実際に手に取ってみて

f:id:ooma5164:20181016235450j:plain

これくらい反り返るかなど軟らかさを確認してください。

 

 

6.最後はプロに見てもらう

子どもの為のバッシュ選びをいろいろと上げましたが、どうもわからない人はとりあえず店員さんに聞いてみましょう!自分の子どもにあったバッシュのをプロの目で探し、より良いバッシュを見つけてくれると思います。

また、気になるバッシュの特長などを聞くのも良いかもしれませんね👍

しかし、大型スポーツ店では、いろいろなスポーツが複合しているので、正しい知識を持っている人も少ないかもしれません。

 

なので、オススメは各都道府県に1店舗はあると思う、バスケ専門のプロショップの店員さんに聞くのがオススメです👂

プロショップの店員さんも、バイトが多いと思いますが「バスケ大好き!」って人が働いてると思うので、きっと良いバッシュを見つけてくれると思います💖

f:id:ooma5164:20181017002409j:plain

シューズ紹介

上記で説明した、ポイントを踏まえて、子どもにオススメのバッシュを紹介していきます。ぜひ購入の参考に♪

 

1.アシックス DUNKSHOT MB8 TBF139

f:id:ooma5164:20181017003003g:plain

「バスケットを始めるならまずこのバッシュ!」と言ってもいいくらい有名なジュニア用のバッシュ。

先ほどのポイントでも紹介した「ミニバス連盟推奨モデル」です。

人気のモデルで2018年も新色がでています。値段も大人用が1万円を超えるが、6000円台で手に入る。

サイズもジュニア用はほとんどが22.0CM以下のバッシュは出していませんが、DUNK SHOTは19.0cmからサイズがあるので小さいお子様から利用可のな所も人気の理由なんですね( ´艸`)

 

f:id:ooma5164:20181111221452j:plain

先日ショップにて19cmのシューズを手に取ってみたけど・・・

小さくてかわいかった。笑

 

 

 

2.アシックス GELPRIM SHOT TBF135

f:id:ooma5164:20181017080846j:plain

「PRIM SHOT」は先で紹介した、「DUNK SHOT」の上級者モデル。言えばDUNK SHOTのお兄さん。バスケにも少しづつ慣れ、少し脚力が付いてきたらPRIM SHOTに変える。っていう方も多いです。

かかとの中にクッション材が入っていて、前足先の接地面積が広くなっているのが特徴です。ジャンプが多いバスケはつま先で蹴って飛んで、つま先で着地して最後にかかとを着く動きがほとんどですが、子どもの筋力ではどうしてもブレが発生します。それをなくすため、ソールの幅を少し広くし、安定した着地ができるようになっています。

DUNK SHOTよりも少し値段は上がりますが、ジュニアのプレー向上の為に設定されているので間違いなしの1足です。

 

 

 

 

3.アディダス SPG DRIVE K

f:id:ooma5164:20181017130030j:image

アディダスと言えばサッカーのイメージですが、NBAのスター選手も履く様になってきたので、バスケ🏀にも浸透してきました。

その中でジュニア用のバッシュの才能も良くなってきました。そこでオススメしたいのがこの「アディダス SPG DRIVE K」

このモデルは日本人の子どもの為に設計されたモデルになっている。

特徴としては、とにかく軽い!

22センチのサイズで約270gになっている。

靴が軽いとプレーの質もあがる!ミドルカットなので足首にかかる負担も軽減してくれる。

 

 

最後に

バッシュは本当に沢山の種類があります。

その中で、今の子どもにより良いバッシュを選ぶのも親の役目。子どもと一緒にバスケを楽しんだり、子どものバスケを楽しんでいる姿をみて、子どもの成長を感じられる事はとっても幸せですね。

 

これからも子ども達のバスケワークを支えていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク