バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

バスケットボール楽しんでる?

バスケが好きな人に贈るためのブログ

2019年バスケットボール世界選手権。日本代表メンバーを勝手に選出。

スポンサーリンク

f:id:ooma5164:20190323235303j:plain

こんにちは。

あじゃーるです。

 

先日、バスケットボール男子の日本代表がFIBAのワールドカップの切符を見事勝ち取りました!

f:id:ooma5164:20190323231227j:plain

自力での出場権獲得はなんと21年ぶりで、日本のレベルがやっと「ここまで来たか・・・」

 

と感じられるニュースです。

 

ちなみに21年前は

HCが「ジェリコ・パブリセヴィッチ」で通称「ジェリコジャパン」で挑んだ世界選手権。

登録選手は

川村卓也・山田大治・桜井良太・五十嵐圭・柏木真介・折茂武彦・網野友雄・節政貴弘・吉田悟・伊藤俊亮・竹内譲次・公輔の12人のメンバーでした。

当時はみんな日本を代表するスーパースターだった。網野選手はこの頃が一番乗りに乗っていた気がする。

田伏選手がいろいろな問題で出場を辞退したのもあったが、メンバー的には素晴らしい選出だった。

しかし、世界選手権の結果は、グループリーグ5位で決勝トーナメントも行けなかった。

 

 

しかし、現在の日本代表は個々に海外でプレーしている選手や国内で実力を上げている選手で、楽しみなメンバーです。

先日の抽選でアメリカと同じ予選リーグに入ることになった。現在の日本代表がどこまでの力を世界に見せられるか楽しみですね!!

 

■FIBAバスケットボールワールドカップ2019 予選グループ組み合わせ
・グループA
中国(30位)
ベネズエラ(20位)
ポーランド(25位)
コートジボワール(64位)

・グループB
アルゼンチン(5位)
ロシア(10位)
韓国(32位)
ナイジェリア(33位)

・グループC
スペイン(2位)
プエルトリコ(16位)
イラン(27位)
チュニジア(51位)

・グループD
セルビア(4位)
イタリア(13位)
フィリピン(31位)
アンゴラ(39位)

・グループE
アメリカ(1位)
トルコ(17位)
チェコ(24位)
日本(48位)

・グループF
ギリシャ(8位)
ブラジル(12位)
モンテネグロ(28位)
ニュージーランド(38位)

・グループG
フランス(3位)
ドミニカ共和国(18位)
ドイツ(22位)
ヨルダン(49位)

・グループH
リトアニア(6位)
オーストラリア(11位)
カナダ(23位)
セネガル(37位)

※()は2月26日現在のFIBAランキング

 

世界選手権に向けて、まだメンバーが発表されていませんがあじゃーるが独断と偏見で勝手に代表選出したいと思います。

 

1.篠山 竜青

2.富樫 勇樹

3.デーブス海

4.比江島 慎

5.辻 直人

6.田中 大貴

7.渡邊 雄太

8.張本 天傑

9.八村 塁

10.竹内 公輔

11.竹内 譲次

12.ニック ファジーカス

 

この12人を選出します。

見た感じ順当な選出ですが、1名サプライズ選出枠でデーブス 海選手。

ガードはやっぱりアジア予選でも良い働きを見せたキャプテンの篠山選手と富樫選手できまりですが、アジア予選での選出の第3のガードはベンドラメ選手だったが、個人的にデーブス海選手の空間をうまく使ったアシストパスが好きなので今回サプライズ選出してみました。

 

シューティングガードは、比江島選手と辻選手

スモールフォワードは田中選手と渡邊選手

パワーフォワードは八村選手と張本選手、竹内兄弟

センターはファジーカス選手。

 

 

スタートの5人は

篠山 竜青(G)

比江島 慎(SG)

辻 直人 (SG)

八村 塁(PF)

ニック ファジーカス(C)

で行きたいと思います。

 

日本の弱点の1つで「ビックマンがいない」事に対しては、しかたないのでファジーカス選手に頑張ってもらうとして、篠山選手にしっかりとゲームメイクしてもらい、インサイドの2人に1on1をしてもらって引き付けてアウトサイドにパス!辻選手の期待の3Pを量産か、うまいボール回しからの比江島選手の代名詞「比江島ステップ」からの1on1で得点を取る。

これやな!八村選手に期待は1on1もあるがリバウンドも期待したい!NCAAではリバウンドの成績も良いので、その調子で世界選手権もリバウンドばりばり取っていただきたい!

 

 

以上

 

ほんとにあじゃーるの独断で考えた日本代表でした。

 

 

本当の世界選手権は8月の熱い時期ですが、しっかりと応援したいと思います。

正しい日本代表の登録がされたら、また発表したいと思います。

 

スポンサーリンク