バスケは好きですか・・・?

バスケを好きな人に贈るためのブログ

Pick Up

【完全版】カイリーのシグネチャーモデル「NIKE カイリー」シリーズをすべて紹介します。
NBAスター選手のシグネチャーロゴ大全集!どんなロゴがあるのか?
【最新版】バスケウェアを取り扱っているメーカー22社をまとめました。素敵なTシャツが見付かります!
【ビブラート1をおすすめする8つの理由お伝えします】睡眠の質を上げる事ができる高級マットレスのサブスクサービス開始

NIKE製のダッフルバックのサイズ比較スポーツに最適なサイズを選びましょう。

スポンサーリンク

f:id:ooma5164:20200706002815p:plain

こんにちは。

あじゃーるです。

 

旅行やスポーツなど、荷物がどうしても多くなりがちな時にで活躍する「ダッフルバッグ」

見た目以上にたくさんの荷物が入る上に作りが頑丈でハードに扱っても平気な耐久性も魅力ですね✨

 

各スポーツメーカーやアウトドアブランドでさまざまなダッフルバックが販売されています。

 

その中で、この記事では有名スポーツメーカー「NIKE」から出ているダッフルバッグのをご紹介します。

 

サイズ感や使用感などで購入を検討している方の参考になれば幸いです。

 

  

NIKEのダッフルバックのレビュー

ダッフルバックって?

f:id:ooma5164:20200706002943j:plain

そもそも「ダッフルバック」ってなんなのか?と言うと、もともとは「水兵」が使用していた円形状のバックの事を「ダッフルバック」と言われていました。語源はわかりませんが・・・

 

類似バックとして「ボストンバック」がありますが、「ダッフルバック」と「ボストンバック」の定義があまりしっかりと決まっていないみたいなので、各メーカーで呼び方がいろいろみたいです。

 

ダッフルバックのメリット・デメリット

ダッフルバックのメリット

ダッフルバックのメリットを上げるとしたら下記の4点あります。

1.大きな容量

2.軽量

3.丈夫

4.コンパクト収納

 

ダッフルバックの1番のメリットは、「大容量」です!着替えや道具などの荷物が多いスポーツやスーツケースでは大げさだけど最低限の荷物を入れたい時などに活躍するのがダッフルバックですね。

 

また、バック自体がポリエステルやナイロン製で作られているのが多いので、軽量です。たくさんの荷物を入れても、バック自体は軽いので便利です。

 

バックの素材は先ほども言った通り、ポリエステルやナイロン製の物が多くバックが頑丈に作られています。素材によっては防水加工タイプもありますので、濡れた服を入れたり、アウトドアでも利用でき便利です。

 

さらに、使用しないときはスーツケースだと収納に場所を取りますが、ダッフルバックだと折り畳むことができ場所を取ることなくコンパクトに収納できます。

 

ダッフルバックのデメリット

ダッフルバックのデメリットを上げるとしたら下記の2点あります。

1.セキュリティが甘い

2.長時間の持ち運びは✖

 

ダッフルバックの口の開閉はファスナーが多いので、もちろんセキュリティが甘いです!スーツケースのようにカギが付いていないので、旅行などでは注意が必要です。

 

ダッフルバックの持ち運びはショルダータイプか手提げタイプになりますので、長時間重い荷物を運ぶ際に、腕や肩に負担がかかるのでオススメできませんがリュックタイプにできる物もありますので、購入の際はこの3wayタイプの物をオススメします。

 

ダッフルバックを選ぶポイント

f:id:ooma5164:20200706003141j:plain

ダッフルバックを購入する際に、判断基準のポイントが3つあります。

各項目で必要かどうかを確認の上購入をオススメします。

 

防水タイプ

バックの使っている素材が防水タイプなのかどうなのかは確認しておいた方がいいですね。スポーツバックとして使用するとしたら、汗なので濡れた衣類をバックに入れることがあると思います。

 

バックが防水タイプだったら問題は無いのですが、防水タイプじゃなければバックが濡れてしまい、他の物も濡らしてしまう二次災害が起きてしまうので使う用途によっては防水タイプは判断基準としては購入前に確認した方がいいです。

 

機能性

ダッフルバックは大容量でたくさんの荷物が入れられますが、ポケットの数や大きさなど収納面での機能性はかなり重要です!

 

いろいろとバックに詰め込むことが出来るが、ポケットが多いと分別しやすく取り出しやすくなるので、こちらも使う用途によっては確認しておきましょう!

 

サイズ

ダッフルバックのサイズは様々あり大きいものでは60L容量のタイプもあります。

大容量の方が何でも入れられて便利です。

 

しかし、自分が普段使用するシーンで大きすぎるバック、また小さすぎてしまうとやはり使い勝手が悪く、不便ですので使用シーンを考えてサイズ選びをしましょう。

 

NIKEダッフルバック

様々なブランドやメーカーからダッフルバックは販売されてますが、今回はスポーツブランドの「NIKE」から販売されているダッフルバックの紹介と商品レビューをしたいと思います。

 

ダッフルバックの種類

NIKE製のダッフルバックでも様々な種類があります。

ブラジリアダッフル

デパーチャーダッフル

ユーティリティパワーダッフル

ヘリテージ

クラブチーム

とNIKEの公式サイトでもいろいろなタイプのダッフルバックがあります。

 

どのタイプのバックにするかは、自分の使用するシーンをイメージしてその使用シーンに合うバックを購入しましょう。

 

 

使用シーンをイメージして、購入したバックも決まりましたがネットショッピングで「ポチっ」とする最後の決め手はやはり「サイズ感」でしょう。

 

ネットの画像では、デザイン・ポケットの数などバックの詳細は書いているがサイズ感は、はっきり言ってわかりませんよんね?

 

なので、今回はNIKE製のダッフルバックのサイズ感とその他の詳細を実際のバックにて紹介します。

 

ダッフルバックの使用レビュー

今回、ダッフルバックのレビューを行ったのはこの2商品である。

1.NIKEゴルフ ダッフルバック(XL)

f:id:ooma5164:20200705224140j:plain

 

2.NIKE ブラジリアダッフル(S)

f:id:ooma5164:20200705224731j:plain

 

この上記2商品について紹介します。

 

NIKEゴルフ ダッフルバック(XL)のサイズは

L 61cm x W 26cm x H 31cmになっています。サイズ表記はXLサイズとなっていて荷物を積み込める容量は44Lです。

 

NIKE ブラジリアダッフル(S)のサイズは

L 28cm x W 52cm x H 28cmになっています。サイズ表記はSサイズとなっていて荷物を積み込める容量は41Lです。

 

並べるとこんな感じ👇👇

f:id:ooma5164:20200705225846j:plain

SサイズとXLサイズでは容量が3Lしか変わらないがその「3L」の差は大きいようです。

 

それでは、実際に荷物を入れていきたいと思います。

 

今回、自分がダッフルバックを使用する目的は、バスケットの荷物を持ち運びする為に購入しました。

 

荷物内容は季節によって衣類量が異なりますが基本的な荷物は下記の画像の通りです。

f:id:ooma5164:20200705230516j:plain

1.ボール(7号球)

2.バッシュ(28.5cm)

3.Tシャツ(XL)

4.バスパン(2XL)

5.ソックス

6.タオル(2枚)

7.着替え用パンツ

8.インナーウェア

 

になります。あと、水分や貴重品等の小物を入れます。

 

 

ダッフルバックはシューズや濡れた衣類を分けられるポケットがあります。

f:id:ooma5164:20200705234812j:plain

その部分にシューズかボールを入れたいと思っていました。

 

NIKEゴルフ ダッフルバック(XL)の場合

f:id:ooma5164:20200705234907j:plain

ボールがしっかり入りました。

 

ボールを入れてもまだまだ余裕があったのでシューズも入れてみました。

f:id:ooma5164:20200705235219j:plain

ちょっとパンパン感はありましたが、とりあえず入りました。

 

f:id:ooma5164:20200705235332j:plain

メインルームには半分くらいボールとシューズが占めています。

 

他の衣類を入れてみますと

f:id:ooma5164:20200705235648j:plain

まだまだ余裕で入りそうです。

 

NIKE ブラジリアダッフル(S)の場合

Sサイズの口はXLサイズのフルオープンに対し、少し開きが甘いようで出し入れはやりにくそうです。

f:id:ooma5164:20200706000308j:plain

 

ボールを入れると

f:id:ooma5164:20200705235919j:plain

ボールは見ての通り入りませんでした。小学生サイズ(5号球)なら入りそうですが・・・

 

シューズを入れてみると

f:id:ooma5164:20200706000405j:plain

なんとか入るが実はジップができないです。

 

Sサイズのサイドポケットにはボールとシューズは入れられない事が分かった。しかし、ジュニア(小学生)サイズのボールとシューズは入りそうですね♪

 

f:id:ooma5164:20200706000618j:plain

ボールをメインポケットに入れると、ほぼ半分を占めました。

 

他の衣類・シューズを入れると。

f:id:ooma5164:20200706000737j:plain

なんとか入った感じです。

 

まだ、衣類等は入りそうですが、入ってもTシャツ2.3枚程度です。

 

まとめ

スポーツや旅行で大活躍する「ダッフルバック」を紹介しました。

NIKE製のダッフルバックのサイズ感をお伝えできたと思っています。

 

SサイズとXLサイズのサイズ比較でしたので、使用するシーンによってサイズ選びの参考になれば幸いです。

 

今回比較したダッフルバックは

NIKEゴルフ ダッフルバック(XL)

 

NIKE ブラジリアダッフル(S)

 

2点になります。

ダッフルバックも良いけどバスケにはバックパックもあります。オススメのバックパックをまとめている記事もありますので参考に!

www.bball1202.net